2014年08月19日

FNSうたの夏まつり

8月13日に生放送された『FNSうたの夏まつり』で,
川本真琴さんが中川翔子さんとともに出演し,
『1/2』を歌いました!

これに先立つ『僕らの音楽』では,少々緊張気味な様子が伝わってきたのですが,
今回は,序盤こそ緊張気味な様子ながら,どんどん調子が上がっていくのが伝わってきました。

とは言っても,序盤からとても声がよく出ていて,
歌唱力に定評がある中川翔子さんをリードする勢いでした。

中川翔子さんが比較的オーソドックスな歌唱であるのに対し,
川本真琴さんは“とんがった少女感”が際立っていました。
これはすごいことで,
まあ,この手の企画でありがちなケースは,
視聴者に「この人,もう声出ていないね」と,現役感の薄さを思わせてしまうものなのですが,
川本真琴さんは,20年弱前(!)のテンションが十分に発揮されていました。

もっとも,この曲自体が,“未成熟な女の子”の身体性そのものからあふれるような成分でできているので,
本質的な部分で限界(悪く言うと“無理”)があるのですが,
ファンの盲目ゆえか,そのような“苦しさ”は微塵も感じませんでした。

一方で,不思議な気持ちになったのは,
レベル29(29歳)の中川翔子さんの隣に並んだ
レベル40(40歳)の川本真琴さんが,
成熟した大人のオーラを自然に出していたことです。

元ジュディマリ(この枕詞はもはや不要か)のYUKIさんと同じ,
年齢からの開放されつつ,大人のオーラを出す例ということでしょうか。


さて,
今回の番組を観た10代,20代は,どのように感じたのでしょうか。
90年代のJ-POPのメロディの美しさ(わかりやすさ)は,ひとつの完成をみたといっても過言ではないと思います。
昨今の音楽番組は,この頃の曲を毎回のように(ランキング形式などで)紹介していますが,
もちろんこれは,大衆曲が喪失した時代に(※“ヤンキー曲”はまだある),
“みんながみんな知っている歌がまだあった時代”をなつかしむノスタルジーもあるとは思いますが,
やはりメロディそのものの良さも大きいと思います。
そして,『1/2』のジェットコースターのようなメロディや,
川本真琴さんのような“とんがったような甘えたような”歌声は,
若い世代にとって新鮮だったのではないでしょうか。

※偉そうなことを書きましたが,
私自身は,2007年頃に川本真琴さんに目覚めた口です。












posted by 鹿鱈 睦馬 at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

朝ドラ『カーネーション』(余談)

2011年度下半期にNHKの朝ドラとして放映された

『カーネーション』。


放映中に30歳を迎える尾野真千子が10代から演じており,
当時は,「これは絵的に自分としては厳しい」と判断してスルーしていたのですが,
昨今の彼女の骨のある演技に惚れ,
知人からDVDを借り,見直しています。


その第1回で,
幼年時代の主人公(二宮星)と,後年の主人公(尾野真千子)が,
一緒に歌をうたうという導入シーンがあるのですが,
とても新鮮でおもしろいと思いました。

同じ人物の異なる時代が一緒にハーモニーを奏でるというモチーフは,
それ自体,その人物の人生を肯定しているような,人生を余裕をもって見つめるような視線を感じさせました。

というお話でした。


posted by 鹿鱈 睦馬 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

『僕らの音楽』

昨日(2014年7月3日),フジテレビ系列で『僕らの音楽』が放送され,
ゲストに川本真琴さんが出演していました。

番組のテーマは「GIRL POP」で,
他のゲストには,

森高千里さん
渡瀬マキさん
谷村有美さん
加藤いづみさん
中川翔子さん
きゃりーぱみゅぱみゅさん
(以下,敬称略)
がいました。


30分番組の中で,
これだけのそうそうたるメンバーで
大きなテーマを
語るのは,かなり難しいと思われましたが,
それぞれのゲストの発言や歌のバランスがよく,うまくまとまっていました。

トークコーナーでは,
90年代初頭に台頭した「ガール・ポップ」というジャンルを
森高,渡瀬,谷村,加藤が,自らの立ち位置にかなり自覚的だったということが印象的でした。

個人的記憶としては,
森高,渡瀬を知った頃とJ−POPに親しんでいった頃がほぼ同時期だったので,
彼女たちの革新性や,「ガール・ポップ」というジャンルの台頭は,
ほとんど意識していなかったのですが,
森高,渡瀬のパワフルさと,アイコン性は,際立っていました。


川本隊長は,残念ながら「ガール・ポップ」という流れの中での自らのスタンスについては,
語る機会がなかったのですが,
既に「ガール・ポップ」というジャンルが定着した90年代中盤において,
華奢な女の子が明るくギターを掻き鳴らす姿は,
エポックメイキングなビジュアルであったことは間違いなく,
音楽とビジュアルを同時に消費していたといえる当時において(ミュージックビデオ全盛!),
喝采とともに迎えられた感触は確かだったのではないでしょうか。

(余談)
しかし,川本隊長,少し栄養不足気味なのですかね・・・。
ヤサグレ感が出ていました・・・。
煙草もやめた方がいいのでは・・・。
(了)


さて,楽しみにしていた歌は,
『愛の才能』
でした。

これを現在の隊長に歌わせる意味がどれだけあるのか,
疑問なしとしませんが,
とてもいい目をしながら,歌いきっていました。
(えらそうですいません。)

8月のFNSの特番では,
中川と『1/2』を歌うそうです。
こちらも疑問なしとしませんが楽しみです。

ただ何ですかね。
20年近く経っても,
テレビに出たときの隊長の挙動不審ぶりは変わらないのですね(笑)

それでも
まさか隊長をフジテレビで見る日がやってくるとは思わなかったので,
とてもうれしかったです。

これからも応援しています。







posted by 鹿鱈 睦馬 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。