2015年03月25日

「卒業ソング」 & 「桜ソング」 2冠の曲といえば・・・

この季節,
音楽番組,バラエティ番組などのテレビ番組や,
ウェブサイトなどで,

「卒業ソング」
「桜ソング」

がランキング形式で紹介されます。


例えば,
Uta-Net」というサイトでは,
卒業ソングといえば
1位 3月9日(レミオロメン)
2位 YELL(いきものがかり)
3位 旅立ちの日に(合唱曲)
だそうです。


また,
オリコン(2014年)では,
桜ソングといえば,
1位 さくら(独唱)(森山直太朗)
2位 サクラ咲け(嵐)
3位 さくら(ケツメイシ)
だそうです。

ちなみに,
4位 桜(コブクロ)
5位 SAKURA(いきものがかり)
だそうです。

それから,
最近ランキングばかりのミュージックステーション(昨年3月21日放送分)では,
春ソングといえば
1位 さくら(独唱)(森山直太朗)
2位 春よ,来い(松任谷由実)
3位 桜坂(福山雅治)
だそうです。


ふうん・・・。

こういうランキングを観るたび,

「かわいそう。」

という想いにかられ,言葉が詰まります。
だって,あの曲を忘れているのですから。

いや,
特に今の10代とか20代とかは,そもそも知らないのかもしれません。
あの曲を。

かつて,
ミュージックステーションで,
いきなり歌詞を忘れて,それでも笑って突っ走ったあの曲を。


そう。
20091011001727d50.jpg

桜(川本真琴)
です。


詳しくは,評釈を参照していただきたいのですが,
改めて,この曲を振り返ると,やはり,うならせるものがあります。


「桜になりたい」⇒「風の中で」「ひとりぼっちになる練習してるの」
と,別れと旅立ちの季節の中の自分を桜にたとえ,美しく自立しようとする強い意志を示す一方,
「できない できない できない」
と,戸惑う気持ちを叫んでもいます。

この戸惑いの気持ちは,最後までサビの一部として紡がれますが,
後半の金言フレーズ

「今年で一番やさしい風が 
 あたしの迷ってる一秒前 通りすぎる」

「あたしたち 新しくなれるの」

において,明らかに一歩前進した主人公が立ち現れています。


また,
「できない できない できない」
の歌声は,それこそ,散る桜花の如く,輝きの中の儚さに包まれています。


・・・・と,語り出したらきりがないこの曲。

私にとっては,
卒業ソング & 桜ソングの不動の2冠です。


思うに,上記ランキングなどで,この曲がランクインしていない理由は,

この曲が殿堂入りしているから

というのが私の推測です。









posted by 鹿鱈 睦馬 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

FNSうたの夏まつり

8月13日に生放送された『FNSうたの夏まつり』で,
川本真琴さんが中川翔子さんとともに出演し,
『1/2』を歌いました!

これに先立つ『僕らの音楽』では,少々緊張気味な様子が伝わってきたのですが,
今回は,序盤こそ緊張気味な様子ながら,どんどん調子が上がっていくのが伝わってきました。

とは言っても,序盤からとても声がよく出ていて,
歌唱力に定評がある中川翔子さんをリードする勢いでした。

中川翔子さんが比較的オーソドックスな歌唱であるのに対し,
川本真琴さんは“とんがった少女感”が際立っていました。
これはすごいことで,
まあ,この手の企画でありがちなケースは,
視聴者に「この人,もう声出ていないね」と,現役感の薄さを思わせてしまうものなのですが,
川本真琴さんは,20年弱前(!)のテンションが十分に発揮されていました。

もっとも,この曲自体が,“未成熟な女の子”の身体性そのものからあふれるような成分でできているので,
本質的な部分で限界(悪く言うと“無理”)があるのですが,
ファンの盲目ゆえか,そのような“苦しさ”は微塵も感じませんでした。

一方で,不思議な気持ちになったのは,
レベル29(29歳)の中川翔子さんの隣に並んだ
レベル40(40歳)の川本真琴さんが,
成熟した大人のオーラを自然に出していたことです。

元ジュディマリ(この枕詞はもはや不要か)のYUKIさんと同じ,
年齢からの開放されつつ,大人のオーラを出す例ということでしょうか。


さて,
今回の番組を観た10代,20代は,どのように感じたのでしょうか。
90年代のJ-POPのメロディの美しさ(わかりやすさ)は,ひとつの完成をみたといっても過言ではないと思います。
昨今の音楽番組は,この頃の曲を毎回のように(ランキング形式などで)紹介していますが,
もちろんこれは,大衆曲が喪失した時代に(※“ヤンキー曲”はまだある),
“みんながみんな知っている歌がまだあった時代”をなつかしむノスタルジーもあるとは思いますが,
やはりメロディそのものの良さも大きいと思います。
そして,『1/2』のジェットコースターのようなメロディや,
川本真琴さんのような“とんがったような甘えたような”歌声は,
若い世代にとって新鮮だったのではないでしょうか。

※偉そうなことを書きましたが,
私自身は,2007年頃に川本真琴さんに目覚めた口です。












posted by 鹿鱈 睦馬 at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

【コラム】1月19日

川本真琴と同じ1月19日生まれには

ジャニス=ジョプリン(31歳上※27歳で夭折)
松任谷由実(20歳上)
Cocco(3歳下)
宇多田ヒカル(9歳下)

がいる。
偶然にしてはすさまじい顔ぶれである。

ちなみにこの日は「のど自慢の日」でもある。
(61年前にNHKが制定)
できすぎ。.


彼女の生まれた1974年1月19日は「土曜日」である。
曜日占いによると
土曜日生まれは

●長所
感情に素直。母性本能・父性本能が強く、親切。
●弱点
喜怒哀楽が激しく、孤独は大の苦手。
●恋愛
恋愛はオクテだが純粋で、一途に一人を想うタイプ。

らしい。


昔はやった動物占いによると「ライオン」である。
ライオンは

●自分に対しても他人に対しても厳しい
ライオンは完璧主義で厳しい人。自分に対しても厳しいけれど、他人にも同じようにキツくあたりがち。仕事中は、特に甘い顔を見せない!
また、つらくても弱音をはかない強さを持っています。
●VIP待遇が大好き
百獣の王だから、特別扱いが好き。自分のステイタスや能力を認めてもらうということが快感なのです。
●値段が高いものが好き
一見、ブランド好きに見えるライオン。それは、“高級感”や“リッチ感”に弱いから。また、高いもの=いいものだと考える傾向があります。
●世間体を気にする
親戚や近所の目など、世間体を気にするタイプ。進学や就職問題では、自分の意志よりも他人の目が決定打に…。
●睡眠不足と空腹は大敵!
眠かったりお腹が空いているときは、他人にイライラをぶつけることも!? 勉強や仕事の能率も落ちてしまいがち。
●家の中ではルーズ!?
礼儀を重んじるライオンは、外ではきちんとしているように見られるけど、家ではルーズ。部屋もグチャグチャ!?
●口癖は「スゴイ」「絶対」
しゃべるときに、つい口をついて出てしまうこの言葉。強調したり、大げさに言ったりするのが好きなようです。

らしい。


また手元にある「誕生日別性格事典」によると

●性格
目的意識が強く計画性がある。さらに実行力がある。頭も切れる。ただし、頑張りすぎてよく体調を崩す。
●恋愛
狙った獲物は必ずモノにする。が、遊び人というわけではなくむしろ生真面目で、結婚を目標におく。とことん愛し抜くピュアな愛情の持ち主。
●人間関係
大勢の人がついてきて、いつの間にかリーダーの地位に押し上げられる。目上の人からの評価も高い。出る杭として打たれることもあるが、しぶとさも持ち合わせているので、たいしてこたえない。
●相性のいい人
つねに前向きの人
愛情深い男性
さそり座の人
●相性の悪い人
お山の大将タイプ
ペシミスト
見栄っ張り
天秤座のB型

らしい。

その日の福井
最高気温3度、最低気温零下1度。
一日中雲におおわれ、静かに雪が降っていたようである。。
posted by 鹿鱈 睦馬 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

【コラム】真琴とその時代

川本世代はどんな音楽に囲まれて育ったのか?当然それは人それぞれだし、彼女のようにクセが強い人間ならばなおさらだろう。しかし、時代の空気というものはある。彼女の成長にあわせてみてみよう。

1歳:殿さまキングス、フィンガーファイブ 人気
2歳:井上陽水『氷の世界』 アルバム史上初ミリオンセラー
3歳:子門真人『およげ!たいやきくん』 シングル史上最多セラー
4歳:ピンクレディ ブーム
5歳:ザ・ベストテン 開始
■ザ・ベストテンは、音楽を聴くだけでなく観るものにした。

<小学時代>
6歳:ニューミュージック 全盛期
7歳:山口百恵 引退 /松田聖子 デビュー
8歳:(「オレたちひょうきん族」スタート)
9歳:CD 登場 /中森明菜など82年組 デビュー
10歳:(「おしん」放映)
11歳:チェッカーズ、おニャン子クラブ ブーム
■アイドル時代真っ只中である。

<中高時代>
12歳:ザ・ブルーハーツ デビュー
13歳:CDレンタル 開始 /岡村靖幸、ユニコーン デビュー
14歳:永井真理子、谷村有美 デビュー(再評価せよ!)
15歳:8cmCD 登場 /光GENJI ブーム
16歳:プリンセスプリンセス 女性バンド初の武道館公演
    /ユニコーン『服部』
17歳:岡村靖幸『家庭教師』
■多感なこの時期に、才能あるアーティストや「かわいい」シンガーソングライターが相次いで現れた衝撃は大きかったのではないか。
また、お金がない中高生にとって、手頃なCDレンタルや8cmCDの登場は、心強い味方となったことだろう。(もっとも、これらによって音楽は「消費されるもの」になっていく。)

<短大時代>
18歳:(ソ連崩壊、バブル崩壊) /CHARA、Hi-Posi デビュー
19歳:尾崎豊 死去 /大黒摩季、広瀬香美 デビュー
<ピアノ教師〜上京時代>
20歳:ビーング系 ブーム /JUDY AND MARY デビュー
21歳:ミリオンCD史上最多28作 /小室ファミリー ブーム
■・・・そして、日本は「彼女」を知ることになる。

posted by 鹿鱈 睦馬 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

【コラム】「川本世代」

日本の場合、同じ生まれ年より同じ学年の方が「タメ」意識が強い。
彼女は74年1月生まれだから、73年4月から74年3月生まれの著名人をWikiで眺めてみた。
(※もっとも73年と74年の間には社会的には大きな溝がある。
というのは73年をもって「第二次ベビーブーム」が幕を閉じ、74年から出生率は減少の一途をたどることになるのである。)

ミュージシャン:BONNIE PINK、大貫亜美
俳優      :宮沢りえ、松嶋奈々子、篠原涼子、浅野忠信、稲垣吾郎、堺雅人
タレント     :梨花、はしのえみ、陣内智則、田村淳
スポーツ選手 :イチロー、前園真聖
その他     :中田有紀(フリーアナ)、藤田晋(IT会社社長)
など。

少し気になったのが、早生まれ組で、
岡本真夜、椎名へきる、後藤久美子、高橋由美子、奥山佳恵などがいる。
いずれもかつて全盛期を築きつつ、現在は(少なくとも世間的には)一線から身をひいている女性たちである。・・・何か因縁があるのか。。

posted by 鹿鱈 睦馬 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。