2008年03月04日

『微熱』

川本真琴
★★★☆☆
■00年1月(26歳)■6thシングル/『gobbledygook』11曲目
■最高位13位(シングル9枚中5番目)
■ファン人気◆◇◇ ■ライブ頻度◆◇◇

『ピカピカ』は“転向”への予感を漂わせてはいたが、聴き手はまだなんとか安心感を抱くことができた。
しかし『微熱』の醸し出す不安定な調子は、いよいよ聴き手に覚悟を迫るものだったのではないか。

民謡(?)を思わせるAメロや、琴を中心としたアレンジ。
こうした趣向をイメージチェンジの手法と片付けることは簡単である。
しかし、当時すでに並行して『gobbledygook』の制作が開始されていたことをふまえれば、
『微熱』の趣向は『gobbledygook』の趣向のモデルとして意識されていたと考えるべきではないか。
さらにいえば『微熱』は『gobbledygook』の中核となりえた作品だったのではないか。

必ずしもそうはならなかったのは、この作品がドラマの主題歌として制作された事情が理由であろう。
このことがいわば“ガードレール”となり、結果的に“健全な作品”として収まってしまったように思われるのである。

具体的には
後述するような歌詞の“陳腐さ”や、
サビの(もはやお手の物の)ポップセンスが
『gobbledygook』の中核となるには“健全”すぎたのかもしれない。
(皮肉にもむしろ『月の缶』の方が『gobbledygook』の中核たりうる。)

テーマはどうみても“例のテーマ”である。。
ドラマ主題歌用に焼き直したということだろうか。
いきおい聴き慣れたような言い回しが多い。“陳腐さ”とはこのことである。
(アルバムでは各国語で歌われた原曲を収録してもよかったのではないか?)

もっとも、『DNA』『1/2』が夏を、『桜』が春を舞台にしているのに対し、
『微熱』は冬が舞台であるため、「あたしたち」の孤立感や体温が一層引き立つという効果が出てはいる。

また1番のサビ前はコミュニケーション不全を、
2番のサビ前は「雪」で世界が覆われることでかえって“真実”が見えるというイメージを、
相変わらず高い技巧で歌い上げたりしてはいる。

しかしやはり『ピカピカ』でみせたような脱構築への意志までは感じられない。

だが実は『微熱』にはこのようなテクスト解釈の無効性を痛感させる部分が潜んでいる。
「tell me!」という叫びである。
(あるいは「撃ち抜いて」もそうかもしれない。)
これらは歌詞全体の文脈から遊離して強烈なエネルギーを放っている。
「tell me!」や「撃ち抜いて」の“言葉自体の意味”というよりむしろ“言葉自体の強度”が重く重く響いてくるのである。

テクスト解釈の無効性。意味から強度へ。
後期川本真琴の魅力の一つはおそらくこのあたりにある。
posted by 鹿鱈 睦馬 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60703727
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。