2007年12月27日

音楽批評の困難

ここまで、およそ半分の楽曲を「評論」してきた。

ざっと読み返してみると、はっきりいって非常にわかりづらい。

楽曲のポイントを分析・抽出して、それを刻むように書いていくというのが自然に出来上がったスタイルなのだが、文章が断片的になりすぎるきらいがある。

また、答えなどないのに答え探しをしているのではないか、と疑念を抱くこともしばしばであった。
とりわけ後期川本真琴に至っては「解釈」という姿勢自体に再検討が必要になってきそうだ。


さて、予想していたことではあるが、歌詞以外の要素の扱いは困難を極めた。

その第一の理由は「論じるための用語や理論を知らない」に尽きる。
が、そもそもこのブログは一般的な音楽批評に対するアンチテーゼもあったため、あまり気にしていない。
とりわけ音楽用語を駆使してわかったような気にさせる音楽批評は、筆者がやる必要性はない。(だから、できないし。)
ただし、筆者自身は彼女の音楽に関する理論的な説明には強い関心があるので、誰かわかりやすく書いてください。。

第二の理由は、やはり語彙が少ない。
言葉によって言葉を超えたものを表現することこそ、評論の真骨頂なのだが、書くたびに己の未熟さに打ちのめされる。

とはいえ、川本真琴の歌い様への情熱はいまだ消える気配はない。
これからも辛抱強くお付き合いください。
ラベル:音楽批評
posted by 鹿鱈 睦馬 at 00:36| Comment(2) | TrackBack(0) | いきさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鹿鱈様、はじめまして。

半年ほど前川本さんの音楽に出会い強く魅せられたものです。偶然たどり着いたこちらのサイトの、少々アカデミックな香りのする、それでいて愛情に満ちた批評をいつも楽しんで拝見しています。

私は音楽を専門にしているので、鹿鱈様の批評を拝見する度、私も彼女の音楽性についての批評を形にしてみたいという欲求に駆られます。しかし音楽の組み立てを言葉にしたものは非常に読みにくくなるのが常で、専門家以外の読み手のことを考えるとどうも二の足を踏んでしまいます。

とくに彼女の音楽のように、ほとばしるインスピレーションが魅力的なものに対し、衒学的な音楽分析をするのも野暮な気がしてしまい・・・。しゃれた雑文のように書けたらいいな、等と考えるうちに時間が経ってしまいます。

これからも素敵な批評期待しています。
Posted by ザンパノ at 2007年12月18日 03:06
ザンバノさん、こんにちは。

半年前ですか。私もまだ一年経っておりません。
ライブ活動をしているとはいえ、最後のアルバムからもうすぐ7年。いまだに新しいファンを生み出していく彼女の歌の力に改めて感服せざるをえません。

さてザンバノさん、われわれ素人はあなたのような音楽の素養がある方の川本真琴評を渇望しております。難しく考えずにまずは好きな曲あたりから書いてみたらいかがでしょうか?

たとえば『LOVE&LUNA』のあのテンションはどこから生まれるのか?
『ひまわり』と『桜』の類似性は理論的にも裏づけがあるのか?
『月の缶』のあの浮遊感の正体は?

歌詞だけではありません。
川本真琴の世界はまだまだ謎に満ちています。
Posted by 鹿鱈 睦馬 at 2007年12月23日 00:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。