2007年08月23日

中川翔子『1/2』T

中川翔子が『しょこたん☆かばー2』のなかで『1/2』をカバーするらしい。アニメ「るろうに剣心」のテーマソングとして。
アニメ「るろうに剣心」のテーマソングはJAMの『そばかす』をはじめ名曲がいくつもある。そのなかで川本真琴先生のこの曲を選択したことは英断といえよう。

『1/2』はかつて「Mi」という女の子ボーカルグループによってカバーされたことがある。(ただし配信限定。)さいわいほぼ黙殺されたため大事には至らなかった。
このたびカバーするのは中川翔子。筆者はテレビを月に一度くらいしか観ないが、やけにキュートな容姿だけでなくトークや趣向に関する彼女の才気には何度も驚嘆している。(ブログもたまにのぞくがこちらは質より量といった風で以前よりキレが悪くなっている気がする。メジャー化の宿命か。)
さすがに専業アーティストが『1/2』をカバーすることはこれからも考えにくいが、今回のようにアイドル系がカバーすることはありえた話で、そんななか彼女が自ら手を上げたことは、大いに支持したい。他の人間よりはるかにマシである。
しかも彼女は以前ブログ上で『桜』を絶賛するなど、先生自身への敬意も並々ならぬものがあり、まだ若いのに殊勝である。

『1/2』のヒットはアニメ「るろうに剣心」と切り離して語ることは困難である。
それゆえ先生御自身もこの曲への思いは複雑なようであり、そのことはライブで歌われることが極端に少ないことからもうかがわれる。
また我々にしてみても後期の名曲群との関係で手放しに代表曲と称揚することははばかられる気持ちがよぎる。
しかし、こうした屈折も実は『1/2』自体が名曲であることの裏返しにすぎないのではないか。

『1/2』リリースから10年。
先生は当時23歳。中川翔子は現在22歳である。
この曲が若い才人に歌い継がれることは、やはり喜ばしいことである。

注目どころ。
まずは、あの有名なイントロをはじめとするアレンジ。
それから、あのハイスピードをいかに心地よく聴かせるか。
声質はまったく違うが、下手に真似するよりもむしろ中川翔子フルスロットルで突っ走って欲しいところだ。
「あんなの『1/2』じゃない!」と偏狭なファンを怒らせるくらいに。
posted by 鹿鱈 睦馬 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。