2007年10月11日

『EDGE』

川本真琴
★★☆☆☆
■『川本真琴』5曲目
■ファン人気◇◇◇ ■ライブ頻度◆◇◇

退廃的でけだるい曲。珍しい。が、結果的に地味な印象はぬぐえない。

「名前くらいしかお互いを知らない」「あたしたち」は、あるいは『LOVE&LUNA』の「あたしたち」のもうひとつの結末なのかもしれない。

「冷蔵庫は〜」以下の描写の生々しさはこの曲のどの部分より印象的である。さわやかなはずの朝をこのように歌うこともできるのである。
同時に「退屈」「死体」が以降のイメージを喚起させていることに注意すべきである。

「気の利かない朝の光」が差し込んでも、彼女は「何としても今日も答え見つけず済まそう」としている。また「明日をぜんぶ取り上げられても」「まだ本当の使い方教わりたくない」ようである。

しかし「あたしたち」はもはや「世界の果て」=『EDGE』まで行き着いてしまったのではないか?
そしてそこでは「何も壊れない」はずはないのである。彼女も本当は気づいてるはずである。

夜のあいだは「ステキなスピードが次のページをめくってくれ」たのかもしれない。しかし「朝の光」が差し込んだ。もう「遠くまで」逃げることはできない。『俺たちに明日はない』のである。

「いつだっていつものあたしたちでいられるよね」
彼女は、「Bonnie」は「ほどけない憂鬱な身体に」「おやすみ」を告げた。「決められた宇宙で上手にダンスするのは」彼女にとってどこまでも「タブー」なのだ。

地味な印象の曲ではあるが、太陽であれ月であれ“生”のイメージがあふれる『川本真琴』のなかで、“死”を連想させるこの曲はやはり異様である。
タグ:川本真琴 EDGE
posted by 鹿鱈 睦馬 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48343542
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。