2007年08月16日

『1』

川本真琴
★☆☆☆☆
■『1/2』B面 
■ファン人気◆◆◇ ■ライブ頻度◆◇◇

(※要修正)

『早退』に続いて、“仲間”がテーマ。しかし、その趣は異なる。

まず、「待ってる」に象徴されるような孤独のイメージが静かな曲調とともににじむ。

次に、
「息がとまるような星空」や
「呼吸をしている」「宇宙」に「近づけそう」な「夜」の下で、
明日を祈る。

「ないもの」が「いっぱい」で「うまくやれそうにない仲間たち」の、
「何も決」まっていない明日。

「今日が終わってもなんにもなくなりはしない」から、
「あたしたち」が「自分の歩幅で」進んでいけるように、祈る。


『1』とは孤独であるとともに、仲間たちへの祈りなのである。

さわれるものこわれるってこと 忘れたくない

タグ:川本真琴
posted by 鹿鱈 睦馬 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47258837
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。