2007年06月14日

ある夜の啓示

あれは、今年の正月のある夜のことだった。
筆者はいつものように、たゆたう思考に身を委ねていた。

そのとき「そういえば川本真琴って今何してるんだろ。」という興味がふとわいた。
筆者はむくりと起き上がるとPCの電源を入れ、薄暗い一人暮らしの部屋でこのハンサムな顔にディスプレイの光を反射させた。
ネット上のいくつかのサイトで判明したこと、それは彼女がデビューから10年を経過した現在もなお音楽活動を継続していることだった。

「ほう・・・。」筆者は軽い驚きとともに、そうはいっても最近めっきりその名を聞くことがなくなったかつてのポップスターへの哀れみを覚えた。

しかし、このときの筆者の安直な哀れみが、時を待たずして彼女への畏敬の念に変わろうとは、押入れに眠るトトロのぬいぐるみだけが知っていた。(続く)
タグ:川本真琴
posted by 鹿鱈 睦馬 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | いきさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44847493
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。