2011年05月07日

『ドライブしようよ』

川本真琴
★☆☆☆☆
■『gobbledygook』10曲目
■ファン人気◆◇◇ ■ライブ頻度◆◇◇

静かで穏やかな曲。
華やかな山場はなく,アルバムを通じて印象は薄い。


恋人と思しき相手に耳元でささやきかけるように歌われる。
そこで,歌われているのは,
2人の関係の蓄積を確認し,
安からぬ葛藤を経て,より強固に修復されつつある関係が,
間近に夢想される新たな縁(よすが)へと展開する予感だ。


「渋滞の八号線がずっとで,ちょっとよかったな」
と歌った『タイムマシーン』の主人公は,
「あなたとあたしはいったい何処に向かう途中だったんだろう」
と道に迷ってしまったが,
『ドライブしようよ』の主人公は,はかなくも幸せそうだ。

「夜が綺麗 まるで咲いたばかり」
序盤一節で,特異な場面設定をすます。
夜=黒を花に見立てるとすれば,それは,主人公の心象からくるものだろう。
続く“君のシャツに 色が落ちる唇”は,
そうした主人公の想いが,相手にも伝わった(共有された)かのようだ。

もっとも,その後のステンドグラスのくだりは,
川本真琴の歌にしばしば現れる“太陽と月”のイメージ,
つまり,太陽から月の世界に逃避行する二人を連想させ,
それがはかなさを感じさせる所以となる。

とはいえ,主人公の内面は,
「パズルのように割れてしまう」ステンドグラスと違って,
真夜中にも彩られる“本当のもの”であるし,
何度も問いかける「ねぇ」の優しい響きに,不安は感じられない。
「あふれている唄に紡がれている」という結びは,
2人を寿ぐ曙光の兆しである。
posted by 鹿鱈 睦馬 at 23:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひょんな事から川本真琴リバイバルなマイブームが始まり
ここ数ヶ月、昔のアルバムを引っ張り出して聴きこんで
やっぱりいいなーって思って過ごす日々。
そして、このページに辿りつきました。

おそらく、ここまで熱く緻密に当時の楽曲を語っているサイトは
世界でも稀有だと思います。素晴らしいです。

今後も訪問させて頂きます。

p.s.
今年度中?に川本真琴名義で東京でライブがするって話がありますよ。
Posted by takesix at 2011年09月04日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。