2009年02月22日

『トラブルバス』

川本真琴
★★☆☆☆
■『FRAGILE』B面 
■ファン人気◇◇◇ ■ライブ頻度◆◇◇

ただでさえ脆い『FRAGILE』の感傷を
容赦なく粉砕する「ズバッ!ズバッ!ズバッ!」。

たしかに「身体のすみっこで」「何かが死んだ」のだろう。
しかし,それによって手に入れた「FREE」とは何か?

「騎馬隊」を追い越し,
「ストッキング」を脱ぎ棄てる。
そんな秩序や恥じらいにサヨナラを告げてバスが向かう先が「FREE」なのか?

いや,そんなものはない。

「アクセル踏む 砂埃吸う」
「くたびれたタイヤの轍が僕らのブルース」
「バンパーの凹み のぞいた君 生きてることが冗談みたいに写ってる」

「僕らのトラベリングバス」は,その道中そのものが生の本質を刻みだすのだ。
「地球が動くのを」「浴びている」
「子宮に響くのは」「素敵でしょ」
遠くを探すな,足元を見ろ,そこに真実がある,とはゲーテが好んだ言葉だが
川本真琴もまた「STONE」以来,
日常に埋まった真実を,鋭敏に掘り起こそうとする。
少なくともひっくり返った「FREE」が,
ただの「FREE」ではない「FREE」を叫ぼうとしていることは,間違いない。

そうしたイメージを
「ジミヘンとジャニス」「煙草と偏頭痛とアスピリン」で喚起させるつもりだったとしたら
川本真琴らしからぬ陳腐な手段だったかもしれない。
(4つ年下の自称自作自演屋♀に任せておけばよい。)

それでも,
遊び心を満載しながら,均整を失わないバランス感覚は,
デビュー5年目の余裕だろう。

・・・と,思わせつつも,
最後に「クスッ」と笑みを漏らされてしまうと,
我々は煙に巻かれたような気持ちになって,
ふらふらと彼女の後をついていくのである。

posted by 鹿鱈 睦馬 at 21:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもありがとう
Posted by タイガーフェイクファ at 2009年05月03日 01:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114654650
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。