2015年03月25日

「卒業ソング」 & 「桜ソング」 2冠の曲といえば・・・

この季節,
音楽番組,バラエティ番組などのテレビ番組や,
ウェブサイトなどで,

「卒業ソング」
「桜ソング」

がランキング形式で紹介されます。


例えば,
Uta-Net」というサイトでは,
卒業ソングといえば
1位 3月9日(レミオロメン)
2位 YELL(いきものがかり)
3位 旅立ちの日に(合唱曲)
だそうです。


また,
オリコン(2014年)では,
桜ソングといえば,
1位 さくら(独唱)(森山直太朗)
2位 サクラ咲け(嵐)
3位 さくら(ケツメイシ)
だそうです。

ちなみに,
4位 桜(コブクロ)
5位 SAKURA(いきものがかり)
だそうです。

それから,
最近ランキングばかりのミュージックステーション(昨年3月21日放送分)では,
春ソングといえば
1位 さくら(独唱)(森山直太朗)
2位 春よ,来い(松任谷由実)
3位 桜坂(福山雅治)
だそうです。


ふうん・・・。

こういうランキングを観るたび,

「かわいそう。」

という想いにかられ,言葉が詰まります。
だって,あの曲を忘れているのですから。

いや,
特に今の10代とか20代とかは,そもそも知らないのかもしれません。
あの曲を。

かつて,
ミュージックステーションで,
いきなり歌詞を忘れて,それでも笑って突っ走ったあの曲を。


そう。
20091011001727d50.jpg

桜(川本真琴)
です。


詳しくは,評釈を参照していただきたいのですが,
改めて,この曲を振り返ると,やはり,うならせるものがあります。


「桜になりたい」⇒「風の中で」「ひとりぼっちになる練習してるの」
と,別れと旅立ちの季節の中の自分を桜にたとえ,美しく自立しようとする強い意志を示す一方,
「できない できない できない」
と,戸惑う気持ちを叫んでもいます。

この戸惑いの気持ちは,最後までサビの一部として紡がれますが,
後半の金言フレーズ

「今年で一番やさしい風が 
 あたしの迷ってる一秒前 通りすぎる」

「あたしたち 新しくなれるの」

において,明らかに一歩前進した主人公が立ち現れています。


また,
「できない できない できない」
の歌声は,それこそ,散る桜花の如く,輝きの中の儚さに包まれています。


・・・・と,語り出したらきりがないこの曲。

私にとっては,
卒業ソング & 桜ソングの不動の2冠です。


思うに,上記ランキングなどで,この曲がランクインしていない理由は,

この曲が殿堂入りしているから

というのが私の推測です。









posted by 鹿鱈 睦馬 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。