2015年01月25日

『ALPHABET WEEKS』

川本真琴
★★☆☆☆
■『ブロッサム』B面
■ファン人気◇◇◇ ■ライブ頻度◆◇◇


ゆるんだ,ひずんだムードで始まる時間。

主人公が,大きく手足を伸ばして,街の中をリズミカルに行進していくようなイメージ。
「街中のパレード」は,まさにこの歌の象徴だ。


当然,歌全体が前向きな気分で満ちている。
「虹色の煙」
「宙に浮かぶラズベリー色のFUDGE」
「糸が切れて羽が生えたバルーン」
高く広がる空へ伸びる視線が,そのアップテンポな気分を裏付ける。

その視線の先にある空に向かって,「消えるでたらめ」を描くことは,
「まわるメロディに舞うもの」を謳うことだという。

「まわるメロディに舞うもの」とは何だろう。

それは,
胡蝶の夢の如く, “今” と「いつか夢見たもの」との境界をクルクルとたゆたわせ,無意味化していくような,
そんな “オマジナイ” なのではないか。


「新しいステップ」
「いつか夢見たもの」
「ぜんぶやりなおせそうな」
「今はひとつ欲しいものをもってる」
主人公の眼差しには確信の煌めきがある。
それは,地上と空,現実とあこがれの隔たりを,悠々と越えていくパワーだ。


(おまけ)
個人的には,この曲こそ,メジャー最後のシングルのA面としてふさわしいと思うのだが,
もう14年前の話だ・・・。

posted by 鹿鱈 睦馬 at 22:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。