2014年08月19日

FNSうたの夏まつり

8月13日に生放送された『FNSうたの夏まつり』で,
川本真琴さんが中川翔子さんとともに出演し,
『1/2』を歌いました!

これに先立つ『僕らの音楽』では,少々緊張気味な様子が伝わってきたのですが,
今回は,序盤こそ緊張気味な様子ながら,どんどん調子が上がっていくのが伝わってきました。

とは言っても,序盤からとても声がよく出ていて,
歌唱力に定評がある中川翔子さんをリードする勢いでした。

中川翔子さんが比較的オーソドックスな歌唱であるのに対し,
川本真琴さんは“とんがった少女感”が際立っていました。
これはすごいことで,
まあ,この手の企画でありがちなケースは,
視聴者に「この人,もう声出ていないね」と,現役感の薄さを思わせてしまうものなのですが,
川本真琴さんは,20年弱前(!)のテンションが十分に発揮されていました。

もっとも,この曲自体が,“未成熟な女の子”の身体性そのものからあふれるような成分でできているので,
本質的な部分で限界(悪く言うと“無理”)があるのですが,
ファンの盲目ゆえか,そのような“苦しさ”は微塵も感じませんでした。

一方で,不思議な気持ちになったのは,
レベル29(29歳)の中川翔子さんの隣に並んだ
レベル40(40歳)の川本真琴さんが,
成熟した大人のオーラを自然に出していたことです。

元ジュディマリ(この枕詞はもはや不要か)のYUKIさんと同じ,
年齢からの開放されつつ,大人のオーラを出す例ということでしょうか。


さて,
今回の番組を観た10代,20代は,どのように感じたのでしょうか。
90年代のJ-POPのメロディの美しさ(わかりやすさ)は,ひとつの完成をみたといっても過言ではないと思います。
昨今の音楽番組は,この頃の曲を毎回のように(ランキング形式などで)紹介していますが,
もちろんこれは,大衆曲が喪失した時代に(※“ヤンキー曲”はまだある),
“みんながみんな知っている歌がまだあった時代”をなつかしむノスタルジーもあるとは思いますが,
やはりメロディそのものの良さも大きいと思います。
そして,『1/2』のジェットコースターのようなメロディや,
川本真琴さんのような“とんがったような甘えたような”歌声は,
若い世代にとって新鮮だったのではないでしょうか。

※偉そうなことを書きましたが,
私自身は,2007年頃に川本真琴さんに目覚めた口です。












posted by 鹿鱈 睦馬 at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。